本文へ移動

復興まちづくり

平成29年度西原村復興まちづくり計画(西原村/民間委託)

 西原村では熊本地震で特に被害の大きかった集落で小規模住宅改良事業や大規模滑動崩落防止事業等を用いて集落内の道路や擁壁の修復する計画を地権者と話し合いました。
 また、ハード面を整備するとともに、地域住民が集まり、集落の将来を考えながら、移住者の受け入れや区役のあり方などについても話し合いました。

平成30年度小規模住宅地区等改良事業設計及びまちづくり協議会支援業務(西原村/JV)

 熊本地震による被害が特に大きかった西原村の古閑、大切畑、風当、畑、下小森、布田の 6 集落において、被災状況及び復興への歩みをまとめた記録集や集落の魅力を再発見し、外へ情報発信するための集落紹介冊子の作成を支援しました。 
 作成にあたっては各集落で編集委員を募集し、むらづくり活動の核となるメンバーと月1回の会議を重ねながら、住民の意見を反映した冊子づくりに取り組むとともに、今後の集落の将来像について話し合いました。
TOPへ戻る